社員紹介

 

前職はアパレルショップの店長として、スタッフの教育やお店のMD計画、在庫・売り上げ管理を任されていました。

もともと接客をされることが好きという事もあり、ショッピングの醍醐味は「物を買う+接客サービスという付加価値」だと考えていました。なので、正直当時はネットで服を買うことに対して否定的でした。でも逆に、ネットのサービスをリアル店舗のそれに近づけることが出来るとしたら、ものすごいことかなと。そういった経緯で、24時間365日、受けたいサービスを楽しめるネットショッピングに興味が沸いたんです。

さらに今まではメーカーとして作る側から見ていたアパレルを、運営側という違った視点から見たいと考えるようになりました。そのすべての条件が揃っていたのがマガシークだったんです。

 

入社してすぐ営業部に配属され、赤文字系ブランド担当としてエビちゃん&もえちゃんブームによる絶頂期から、大人カジュアルブーム到来による赤文字系氷河期までを体験しました。そしてこの氷河期を乗り越えるべく、商品画像改善プロジェクトのため、倉庫があった岐阜に転勤。商品画像をモデル着用画像に切り替え、新しい撮影オペレーションを構築しました。
その後フルフィルメント部に異動になり、撮影と物流の両方を任されることに。本社では見えにくい倉庫の仕事を「見える」化し、コスト削減とサービス改善を実現させました。
そして東京本社に戻り、営業部の売り上げ情報、マーケティング部の会員情報、フルフィルメント部の在庫情報を1つにまとめて、分析&データ化することを始めました。「リアル店舗に近い運営」にようやく取り組めると思っていた矢先、倉庫を関東に移転するプロジェクトを任され、再び岐阜に戻る事になってしまったんです。
その後無事移転も成功し、現在はマーケティング部に在籍。入社当初からの目標である「ネットショップに付加価値をつける」を形にすべく、新たな挑戦を始めています。

 

社内でここまで異動や転勤を繰り返した社員はいないのではないか、というくらい色々な分野で貴重な経験を積ませてもらいました。

念願のお客様へのサービスを追求する部署に異動となったので、今後はお客様のマガシークへの満足度を徹底的に上げたいです。そのためにもまずは、CRM強化と顧客視点に立った商品のMDに注力しなくてはいけません。

「ネットショップに付加価値をつける」だけでなく「暖かみのあるECを作る」を目標に、マガシークならではのサービスを見出していけたらと思います。そして最終的にはマガシークに炭竃あり!と言われるようになりたいですね。 (2013/09/12掲載)

 

PAGE TOPPAGE TOP