社員紹介

 

ドコモのコンテンツ、dマーケット内にあるファッションECサイト「d fashion」のディレクションをしています。主な仕事は、日々の売り上げ分析や企画特集のハンドリング、コンテンツ更新作業、メルマガ作成など。入社当初はマガシークのウェブデザイナーをしていたので、その経験を活かし、バナー作成などもしています。マガシークとd fashionの最大の違いは“お客様の層”です。ファッション好きなお客様に長年ご利用いただいているマガシークと違い、d fashionはdマーケットやdメニューというポータルから、ファッションに興味を持ったドコモのお客様が利用していただくコンテンツ。今までとはお客様の層も、訪問動機も異なるため、売れるブランドや企画ももちろん変わってきます。そのため分析や打ち出しの方法をマガシークと大きく変える必要があり、ドコモのお客様の嗜好を把握するまでは、かなり手探り状態でした。でも最近ようやく傾向が掴めてきました。狙った通りの数字が取れた時の喜びはとても大きいですね。

 

この仕事を任せられるまで営業経験は皆無。今までも売上はもちろん意識していましたが、ウェブデザイナーやウェブディレクターとして“かっこいい”“かわいい”というお客様目線からの数字へのアプローチがメインだったことに対して、ここでは在庫や予算など売り手側からのアプローチがメイン。マーケティング部のd fashion担当になってからは、このように営業に近い考え方を持つことが必要とされ、この変換が一番苦労しました。

また、前部署でのディレクターとは違い、今回は関連会社の方々も含めた複合チームのディレクター。さらにファッションEC経験者は私しかいないので、企画やブランド打ち出しのミーティングなどで自分が方向性を迷うと周りも迷ってしまうんです。自分がしっかりと意思を持って決断を下さなければならないシビアなポジション。最初は不安でいっぱいでしたが、周りのスタッフに支えられ決断する勇気をもらい、自分自身が大きく成長できたと感じられたことが嬉しかったです。

なにより、ドコモの社名を掲げているコンテンツの仕事を任せてもらえる経験は滅多にないことなので、とてもやりがいを感じています。

 

いつかd fashionだけでなく、dマーケットの様々なコンテンツにも携わっていきたいです。でもまずはd fashionの売り上げ予算を達成させることが大前提。ファッションECサイトが山ほどある中で、d fashionの存在を確立させたいです。d fashionは通信会社が運営しているファッションECサイト。アパレル会社が運営するそれとは違う、ドコモならではの強みを活かした、他にはないサービスをどんどん提供していきたいと考えます。

お客様がドコモに対して求めているニーズに対して応えるだけでなく、+αのサービスで満足してもらう。これがファッションECサイト№1への近道だと思うので、まずはこの課題をひとつひとつクリアしていくことが目標です。 (2014/01/24掲載)

 

PAGE TOPPAGE TOP